週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

高級魚すずなり! 玄界灘沖五目釣り【鐘崎漁港/須賀丸】

アマダイ/須賀丸

驚きのアマダイ55センチ2.3キロも!

レンコダイ猛打で大小交えて120尾

沖五目釣りタックル/須賀丸福岡県宗像市地島須賀丸を利用し、5月21日に玄界灘の五目釣りに釣行した。


午前5時に鐘崎漁港から出港。今回は釣友たち4人との釣行で、ほかの釣り人はおらず貸し切り状態だった。

 

大島を過ぎると波は予想以上に高く、船は左右にローリングの連続。そんな状況の中を揺られ揺られて、7時20分すぎに水深63~65メートルのエリアに到着した。


私は右舷船首2番目に入って釣座を構え、1番目が大仁田さん、船尾が下杉さん。左舷側は2番目に小野田さん、船尾に木下さん。
仕掛けをサオにセットし、2本のハリに冷凍エビを掛ける。

 

下バリには極小の生ヤリイカを掛け、船長の合図と同時に投入。

 

数秒で着底し、ドラグの締め具合を調整後ラインを50センチほど巻いてアタリを待つが、反応がないので5メートルほど仕掛けを巻き上げて再び底まで落とす。すると同時に小気味いいアタリがありサオ先を絞る。

 

次のアタリでアワせてイトを送り込むと、グググーっと強い引きだ。1、2回サオをあおってフッキングさせ、慎重に上げると25~30センチ級のレンコダイが幸先良くダブルヒット


下杉さんはすでにレンコの良型30センチ超をやはりダブルヒットでキープしており、小野田さんは中型のアオナをゲット。

 

次の移動では私が高級魚のアマダイ55センチ超の2.3キロ超を手中に収め、大仁田さんには良型のイトヨリダイアオナダブルでヒット。

釣りにくい状況でも釣果が止まらない

当日は大潮と重なって高波で、船が上下に揺れて仕掛けが安定せず、メンバーたちも少々釣りづらそうな様子だ。

 

そんな状況の中でも木下さんは中型含めてレンコのヒットを楽しんでおり、特に下杉さんにヒットするレンコは良型が多く、目を引かれる。


10時をすぎても船は転々と移動を繰り返し、やがて船長が選んだのは水深70メートルの深めのポイントだった。

 

早々に仕掛けを落とすと、一発でヒットした。大事に上げていくと中層でグィー、ググゥーと重量感ある手応え。これがアマの2段引きで、心地よい引き味を十分に堪能できた。しかもトリプルヒットで、ほかにレンコ2尾もハリ掛かりしていた。


その後は水深63メートルのポイントに移動し、納竿までに25~30センチ級のレンコを8尾ウマヅラハギ1尾を追加した。

 

沖五目釣り/須賀丸

気心知れた仲間たちと存分に楽しめる沖五目釣り。


船中の釣果はレンコ大~小交え120尾アマ大~中2尾イトヨリ1キロ級1尾アオナ3尾ボッコ3尾オコゼ2尾ウマヅラ1尾だった。
(週刊つりニュース西部版/APC・沖島健一)

 

【釣行記事一覧はこちら】
http://cho-raku.jp/contents/choko_kiji/lists

今回乗船した釣り船

須賀丸(すがまる)

沖の五目釣り乗合プラン

沖の五目釣り乗合プラン

ターゲットはアマダイ、レンコダイ、根魚など。レンコダイやアオナ、アマダイ、ボッコなど多彩な高級魚を狙って出船します。エサはミニイカを使用するので、女性やお子様も気軽に始められますよ!何が釣れるか分からないのも魅力の一つ。思わぬ大物に出会うこともあるので、初心者にもお勧めです♪ 一方、奥が深いのもこの釣りの特徴。釣り方やタックルなどで釣果に2倍、3倍の差がつくことも。アマダイは水分を多く含んだ身質で、酒蒸し・干物といった料理との愛称は抜群!もちろん釣りたてなら刺し身も良し。生で食べられるのは、まさに釣り人の特権ですね♪「釣って良し」「食べて良し」の沖五目に、ぜひチャレンジしてみて下さい♪ [プランの詳細]

釣楽価格: 13,000円/人

釣楽ポイント: 1,300ポイント還元!

レンタル: 竿&リールセット無料

 

宗像エリア鐘崎漁港

車: 古賀ICまたは若宮IC(九州自動車道)から約20km

電車: 赤間駅(JR鹿児島本線)

 

ページのトップへ