週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

集魚灯の見せ方で差がでる? 東京湾の夜アナゴ【金沢八景/忠彦丸】

夜アナゴ/忠彦丸

今年は順調! 東京湾名物夜アナゴ。

この時期だけのお楽しみ! 東京湾の夜アナゴ釣り

5月29日(日)、東京湾金沢八景忠彦丸から釣行し、夜アナゴを楽しんだ。


出船1時間前の午後4時半に到着。右舷に7人が座り、左舷を含めると12人以上と盛況。
定刻より10分早い、5時20分に出船。ポイントの木更津沖までは約30分。波は穏やかで気温も20度以上あるが、夕方になればそれなりに寒く、上着は必携だ。


ポイントに到着するとアンカーを投入し、カカリ釣りの準備。水深は15~17メートルだ。


2本竿で狙う。仕掛けは、硬質夜光パイプを装着したハリスを10センチ前後用意しウナギバリを接続、オモリは定番の釣り鐘型25号。


6時前にスタートしたが、周囲はまだ明るい。集魚灯がついたのは7時前。それまでアタリはなく、付けエサの青イソメが食われない。もしアナゴがいれば間違いなく食いちぎられたり減るはずだ。


持参したサバの短冊を装餌してみたが、効果はない。さらに、グリーンのケミホタルを仕掛け上部に装着もう一方の仕掛けにはレッドを付けた。どちらの色に食い気が出るのか興味津々だったが、食い渋る状況は続く。


右隣の黒羽さん(厚木市)は専用竿に小型スピニングリールというタックルで順調に釣り上げている。「きょうは渋いですよ。明確なアタリが少ないし、微かな反応を察知できないと掛けられませんね」と苦笑するが、この段階での釣果は4尾。こちらはいまだ0尾。


やっと1尾目を上げたのは8時すぎ。抜き上げるとすぐにハリが外れてしまう。通常、口が硬く、釣れてからハリを外すのが大変。アワセが弱いという理由はあるだろうが、すぐに外れるということは滅多にない。左隣の成瀬さん(相模原市)の2尾目もすぐ外れてしまった。


「アタリがなくてもエサを交換するか付け足して新鮮なエサにするように」という船長のアドバイス

 

夜アナゴ/忠彦丸夜アナゴ/忠彦丸

アナゴは釣れると身を捩ったりヌルヌルしているのでタオルなどで掴もう。

今日は渋い日? そんなときはいろいろ試してみる

こういう状況では船下を2本竿でコツコツとたたいて誘うよりも、遠投して広く探ることが重要。しかし、使用中の両軸リールでは遠投ができない。1本は両軸で船下を、もう1本はスピニングで遠投し、広く探るほうがよかったのかもしれない。予備にスピニングタックルを持参していたが、使い慣れた両軸リールでの船下を小突く釣りに固執してしまった。


もうひとつ興味深いのが仕掛けの上部に装着する光りモノ。ケミホタルなら点灯のみだが、集魚灯の点滅灯が効果的なことがある。しかも、色が緑ではなく赤色に好反応を示すことがあるのだ。当日はまさに赤の点滅に食い気があったようだ。左舷ミヨシの釣り人は赤の点滅灯で食い渋りながらポツポツと良型を釣り上げていた。


筆者もを別々の仕掛けで試したが、点滅ではなく点灯であったため効果はなかったと感じている。私が釣った2本のアナゴは緑の点灯のみで、赤の点灯は食わなかった赤の点滅をつけている人は釣れているので、赤色の見せ方に差がでた結果なのかもしれない。


まぁ、低活性の日の情報は当てにならないが、一応参考までに。


沖上がりは午後8時50分。その直前の10分はエサが取られて高活性になりかけていたようだった。もうあと10分釣り時間を延長してくれていたら1本は追加できたのではと悔やまれる。次回のリベンジに期待したい。
(週刊つりニュース関東版/APC・梅澤克博)

 

【釣行記事一覧はこちら】
http://cho-raku.jp/contents/choko_kiji/lists

今回乗船した釣り船

忠彦丸(ただひこまる)

夜アナゴ乗合プラン

夜アナゴ乗合プラン

アナゴを狙って出船します。高級食材のアナゴ☆釣れたアナゴは船上にて捌いてからお渡ししますので、安心してお持ち帰りいただけますよ♪ 3名様そろい次第出船となりますので、ぜひ皆さま、お誘いの上ご予約ください。自分で釣った魚は格別ですよ♪ぜひたくさん釣って、ご賞味ください! [プランの詳細]

釣楽価格: 7,000円/人

釣楽ポイント: 700ポイント還元!

割引: 女性と中学生以下は割引があります。

 

東京湾(横浜)エリア金沢漁港

車: 幸浦IC(首都高速湾岸線)から約4km

電車: 金沢八景駅(京急本線)

 

ページのトップへ