週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

初夏の北九州で昼イカ釣り満喫、6月は夜焚き!【鐘崎漁港/須賀丸】

昼イカ/須賀丸

日中でもご覧のとおりのイカが続々。

夜焚きに先駆けて昼にパラソル級!

昼イカ/須賀丸福岡県宗像市地島(鐘崎漁港出港)須賀丸船長から「昼イカが釣れているので来てみませんか」との誘いがあり、5月15日に釣行することにした。


出港時刻は午前5時。4時30分に港に着くとすでにほかの釣り人も集まっていた。


今回のメンバーは、私のグループは北九州市戸畑区の佐田剛さん、福岡市の林龍雄さん。
あとは福岡市の小島さん、宮本さん、飯塚市の小鶴さん。


この昼イカ釣りはイカの資源保護のため5時半からでないと釣りができないので、釣り場まではゆっくり向かい5時半すぎに釣りを開始した。


水深は55メートルで、釣りダナは海底から0.5~1メートル上との指示があり、釣りだすとすぐにアタリがでた。


引きはあまりなく、重たくなったので巻き上げるとようやく引きだして、上がってきたのは胴長23センチ


昼イカ/須賀丸左舷船尾の佐田さんにもアタリがでて、上がってきたのは40センチ級。それから右舷船尾の林さんにもアタり、引きも良く上がってきたのはパラソル級だ。

 

(右)佐田さんがナイスサイズをキャッチ。


釣れるときはダブルで釣れることもあるが、スッテにイカが乗ってくるのが分からず、急に重くなったときに巻き上げると乗ったことが分かる。


イカが触ってくるとスッテのハリに触腕が掛かってくるので引きもいいが、リールで巻き上げるとイカが逃げるときに触腕が切れることも。


今の時期は産卵中でエサも取らないので身が薄くなっている。
スッテは小さいものによく乗ってきた。


この日の私のエサは鶏肉のササミで、ほかの人はキビナゴイワシの一夜干しを使っていたようだ。


エサはスッテが隠れるように乗せるとイカの乗りが悪くなるので、スッテの上に乗るような大きさに切ることをお勧めする

 

昼イカ/須賀丸昼イカ/須賀丸

抱卵中で重みのあるイカがダブルでもヒット。


この日の釣果はトップは15尾。船長の言われる仕掛けを持ってくるといいだろう。

 

これからの釣り物は、6月に入ると夜焚きイカ釣りが始まり、ほかにも沖五目釣りなどがあるのでそちらも楽しみだ。

(週刊つりニュース西部版/APC・飛高宏佳)

 

【釣行記事一覧はこちら】
http://cho-raku.jp/contents/choko_kiji/lists

今回乗船した釣り船

須賀丸(すがまる)

夜焚きイカ釣り乗合プラン

夜焚きイカ釣り乗合プラン

日本において娯楽的なイカ漁として人気の夜焚きイカ釣り。夜はイカが浮いてくるので、ライトなタックルで楽しめますよ。その身は柔らかいため、激しい早い巻き上げは禁物です。ゆっくり巻き上げて、追い乗りも期待しちゃいましょう♪ お味は、身質が非常によく、刺身、から揚げ、天ぷら、煮付け、沖漬け、一夜干し、どんな料理にも活かせます。シーズン限定の出船ですので、ご予約はお早めに!ぜひ皆さまお誘いの上、ご予約ください! [プランの詳細]

釣楽価格: 11,000円/人

釣楽ポイント: 1,100ポイント還元!

備考: 竿&リールセット(無料)。

 

宗像エリア鐘崎漁港

車: 古賀ICまたは若宮IC(九州自動車道)から約20km

電車: 赤間駅(JR鹿児島本線)

 

ページのトップへ