週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

北九州響灘で釣果いろいろタイ五目【門司大里港/宝生丸】

アマダイ・アオナ/宝生丸アオナとアマダイのダブル!

種類・数・サイズ全てに満足の響灘タイ五目!

タイ五目タックル/宝生丸4月24日、北九州市門司区・大里港宝生丸で響灘沖のタイ五目へ。


メンバーは常連さんで行橋市の石橋さん、下関市の西村さん、小倉南区の藤村さん、門司区の黒川さん、苅田町の管さん、加藤さんと私。


出港時間は午前6時。5時に港に行くと、メンバーも集まりだし、船長も到着。今回は若き二代目船長候補の颯太くんも同行。


朝が早かったので船室に入ってひと眠りすると船のエンジンが緩くなったので目が覚める。


船長はシーアンカー流しをするので用意をする間に、私は仕掛けを作っていつでも投入できるようにして待つ。


最初はタイラバで、100グラムを用意して1投目を入れて海底に着いたところで巻き上げるとすぐにアタリがでる。


電動リールの巻き上げスピードは3で巻き上げていくとすぐにアタリがでて、ゆっくり巻き上げて海面近くになってレンコダイイカ35センチが乗り、船長にタモですくってもらう。
1投目から外道のイカが乗ってきたのにはビックリ。


その後、潮が止まってレンコダイ以外は黒川さんにオコゼの良型が釣れる。


藤村さんにアタリがでて引きも良く上がってきたのはレンコダイの30センチ級

 

イカ/宝生丸レンコダイ/宝生丸

(左)タイラバに乗ってきたイカ。
(右)このサイズのレンコダイがアタリ止まらず。


潮が動きだしたのか黒川さんにいいアタリがでて上がってきたのはアマダイアオナダブルだ。

エサは何を使ったかを聞くとエビで釣れたとのこと。


私にも期待がもてると思いながら釣っているとすごいアタリがでた。

船長から、アマダイのアタリだと言われ、引きを楽しみ51センチのアマダイを釣り上げた。


次は藤村さんで、サオをひったくるようなアタリで海底を切る時の引きがすごく、上がってきたのはアマダイの50センチ

エサを聞いてみるとミミイカを使ったとのこと。

 

アマダイ/宝生丸アマダイ/宝生丸

50センチ超え大型アマダイのど迫力!


午後2時になったところで魚の食いが落ち、納竿とした。
全体釣果はアマダイ5尾アオナ3尾沖アラカブ1尾オコゼ1尾レンコダイは1人50尾くらいだった。
(週刊つりニュース西部版/APC・飛高宏佳)

 

 

【釣行記事一覧はこちら】
http://cho-raku.jp/contents/choko_kiji/lists

今回乗船した釣り船

宝生丸(ほうせいまる)

タイラバ乗合プラン

タイラバ乗合プラン

大型マダイ狙いのタイラバ(エサ付き)で出船します。ポイントによって料金が最大16000円になる場合があります。詳しくは予約時にご確認ください。 [プランの詳細]

釣楽価格: 13,000円/人

釣楽ポイント: 1,300ポイント還元!

備考: 狙うポイントにより13,000~16,000円になります。

 

北九州エリア門司大里港

車: 大里IC(北九州都市高速道路4号線)から約1km

電車: 門司駅(JR山陽本線)

 

ページのトップへ