週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

みんなで船釣り初挑戦からのアジパーティ!【金沢漁港/忠彦丸】

LTアジ/忠彦丸気軽に楽しめるLTアジで今夜はパーティ!

船釣り初挑戦で魚パーティを実現!

4月10日(日)、都内のとあるシェアハウスで生活を共にしている仲間同士で集まって、みんなで船釣りに挑戦してみよう! という聞き捨てならない計画の情報をキャッチしたので同行させてもらうことにした。


参加者は国際色豊かな男女15名。シェアハウスという一つ屋根の下で生活の場を共有している仲間同士でよくいっしょに遊んだりするのだそう。うーん、なんともうらやましい間柄。

 

今回お世話になるのは金沢八景の金沢漁港から出船している忠彦丸さん。設備の整った大型船を多数所有し、カジュアルな雰囲気で船釣りを楽しめるとあって初心者同士で船釣り初体験をするにはうってつけの船宿さんです。釣り物は午後の半日LTアジ

 

船着場/忠彦丸金沢八景駅/忠彦丸

(左)シェアハウスメンバーはレンタカーですでに到着済み。
(右)というわけでやってまいりました金沢八景(ぼっち)。


船着場に到着し料金を支払って乗船名簿の記帳と座席の確認を済ませると、主催の編集氏が出迎えてくれた。


参加メンバーはほぼ全員船釣りどころか釣りすらしたことがない人が大半というものの、船釣りってやろうと思えばこんなに気軽にできて、しかも釣れる魚は絶品! ということで、みなさんこれから始まる初めての船釣り体験にそわそわ気分。


釣れた魚はシェアハウスで調理してパーティーしちゃおうという算段らしく、大漁の凱旋に夢が膨らみます。

 

12時に乗船開始、安田船長からみっちり20分ほど初めてのLTアジ釣りのレクチャーを受け、12時半出船。

 

氷券/忠彦丸LTアジレクチャー/忠彦丸

(左)乗船後に氷引換券を渡してクーラーに氷を投入。
(右)安田船長の丁寧な釣り方指導に耳を傾けます。

やっぱりはじめは難しい

最初のポイントは金沢漁港を出港して東京湾の中央付近へ向かった先の水深25メートルほど。


「はい始めてください。タナは底から2メートル」という船長の合図で40号のビシを投入。


とはいえさすがにまったく釣りをしたことがない人にとっては、仕掛けをおろすだけでも四苦八苦。エサのイソメをどう切ったら良いかわからないというところから、リールの扱いが難しい、仕掛けをおろしたらどうするんだっけと船上は大賑わい。


これにはさすがの船長も「さっきちゃんと教えたでしょ〜」と苦笑いで「こうやるんだよ」と個人指導のフォロー。

 

なんだかよくわからないまま延々と釣り竿を振って釣れなかったよー! ではあんまりなんで、船長や中乗りさんの手が回らない人のオマツリをほどいたり細かいコツを手ほどきするお手伝いにまわることに。


自分の釣りは半ば放置するしかなくなってしまったものの、やり方がわかってきましたと喜ばれ、どうやったら釣れるんだろうと全員が同じ土俵に立って目的を共有できるようになると楽しくなってくるんですよね。

 

イシモチ/忠彦丸

船中ファーストヒットはイシモチで引きの重さに大興奮。

 

最初のポイントではアジの反応が薄いということで何度か移動を繰り返すうちに、アジの活性が上昇。最大30センチほどのサイズから小アジクラスまでが頻繁にかかるように。


一荷があがれば大騒ぎになり、取り込みでアジを落っことしては落胆の悲鳴があがり、船中はいい雰囲気。

自分だけ釣れないのは何故……

「船に乗ってるだけでも楽しかったんですけど、釣れるともっと楽しいですね!」なんて会話が盛り上がるものの、実のところここまでで自分だけ釣果が伸びていない。


船長の指示は「タナは底から2〜3メートル」とのことなので、着底後2メートル程度巻いてコマセを振り、さらに仕掛け分の1.5〜2メートルをあげて待つ。これでバッチリ指示ダナにハリ先があるはず。


なわけないですね。なぜか魚の泳層とビシの位置というタナの意味を盛大に勘違いしたまま何も疑わず、頑なにビシ位置が底から4メートルほどでイトを垂れていりゃあ釣れるわけがありません。しかもこの日は潮流が速めで、後から考えるとハリ位置は底から3メートルくらいにあった可能性が大


周りが釣れているのはみなさん船長の釣り方を守ってやっているからで、周りも自分と同じ釣りをしているハズという思い込みによる観察不足と引き出しの少なさで盛大な自爆釣行という結果になってしまったのでした。いやー自分の才能がこわいなー。

 

LTアジ/忠彦丸LTアジ/忠彦丸

(左)あれこれ工夫して釣れた魚に感激もひとしお。
(右)みんなで喜びを分かち合えると楽しさも倍増です。

 

結果は船中1人あたり7〜27尾(わたし除く)で合計150尾とまずまず。ゲストに良型のイシモチチャリコサイズのマダイ
この日の同船午前の釣果がほぼ同じなので、完全初心者を含むグループとしては大健闘でしょう。良い日は1人50尾は出るとのこと。

 

「船釣りってこんなに楽しいものなんですね」
「また行きたい!」
「たくさん釣れてすっごい嬉しい」
「アジパーティーが楽しみだー」

 

とみなさんのテンションも最高の状態(わたし除く)で16時に沖上がりとなったのでした。
そうなんです、船釣りは楽しいんですよ。ぜひまた行きましょう。
(釣楽スタッフ/鈴川悠々)

 

アジパーティ!/忠彦丸アジの刺し身/忠彦丸

なめろう/忠彦丸アジフライ/忠彦丸

アジパーティーは知り合いも誘って大盛況だったとか。
ちなみに150尾を2時間で捌き切ったらしい……。

 

【釣行記事一覧はこちら】
http://cho-raku.jp/contents/choko_kiji/lists

今回乗船した釣り船

忠彦丸(ただひこまる)

◆午後から満喫◆LT金アジ釣りプラン

◆午後から満喫◆LT金アジ釣りプラン

アジを狙って出船します。
東京湾を代表する釣り物、アジ! その釣り方は、コマセ(撒きエサ)を使う『ビシ釣り』です。指示ダナ(魚がいる層)まで落としたら、サオをシャクってコマセを撒きながら誘うだけ☆手軽に数釣りが楽しめるので、沖釣り初心者の方や女性、お子さま連れのファミリーにもオススメです♪
釣ったアジはお刺身はもちろん、なめろう、フライなど調理法も豊富です!自分で釣ったアジは格別ですよ♪ぜひたくさん釣って、ご賞味下さい!
※2名様以上のご乗船で出船しています。2名に満たない場合は出船できませんので、ぜひお誘いわせの上ご予約ください!
[プランの詳細]

釣楽価格: 6,500円/人

釣楽ポイント: 650ポイント還元!

割引: 女性と中学生以下は割引あり。

 

東京湾(横浜)エリア金沢漁港

車: 幸浦IC(首都高速湾岸線)から約4km

電車: 金沢八景駅(京急本線)

 

ページのトップへ