週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

良型イサキがシーズン! 宗像出船沖の島【神湊漁港/第二大福丸】

イサキ/第二大福丸良型イサキに笑顔がこぼれる同行の藤田さん。

釣る人で70尾! これから良型楽しみ

イサキタックル/第二大福丸3月27日に宗像市は大島港第二大福丸の古賀船長にイサキ釣りの予約を入れ、3人で釣行。


天気予報によると波は1〜2メートルとの予報だった。出港時間は5時半で5時前には神湊港に着いた。待っているとすぐに船が来たので、釣具を積み込み出港した。


玄界灘に出てみるとウネリがあって船はミヨシをたたいて進んでいる。エンジンの音がスローになったところで私は目が覚めた。外に出てみると沖の島が前に見えて、横には小屋島が見えていた。さっそく自分の釣座で仕掛けを作って釣りを開始した。


この船は探見丸システム搭載なので、私たち釣り人には大きな支えになっている。海底のカケアガリも難なくかわせて釣りがさらに楽しくなるのだ。このポイントの水深は、50メートルで海底は起伏が大きく船長の指示ダナは30メートルだったが起伏の大きい場所は根掛かりするのではないかと心配になった。


私はいつも、海底から30メートル上を釣るようにしている。これは小型イサキを釣るのではなく、大型イサキを釣りたいがための私の知恵である。この釣り方は数釣りこそ望めないが良型が釣れるので、このような釣り方をしている。


この小屋島沖では大型のイサキが良く釣れている。そのほかにも、3キロ級のカンパチ2〜4キロ級のマダイもでている。このポイントでは1時間ほど表に出ての釣りになる。当日は風もかなり吹いて左舷側ではアタリがでない。


左舷側より風が吹いておりまきエが効かず、右舷側では左舷側のまきエが効いて入れ食い状態になっている。私のサオにも良いアタリがでて、巻き上げようとするがリールからイトが出て行き、これは大きいと感じながらやり取りをする。イトの出具合からこの魚はメダイ青物のようで、3〜4回やり取りをしたが、サオがピンと伸びた。仕掛けを上げてみるとハリスは切られていなかったが、イトの結び目がハリの中央にきてしまい、外れていた。


当日は右舷が良かったので翌日も右舷が良いかといわれるとこればかりはわからない。
当日の釣果は釣る人で70尾は釣っていた。これからの釣り物は、イサキから沖五目釣りがあるので早めの予約が必要だ。
(週刊つりニュース西部版/APC・飛高宏佳)

 

【釣行記事一覧はこちら】
http://cho-raku.jp/contents/choko_kiji/lists

今回乗船した釣り船

第二大福丸(だいにだいふくまる)

イサキ釣り乗合プラン

イサキ釣り乗合プラン

イサキを狙って出船します。イサキは大きさも手頃で扱いやすく、群れを作って行動するため、上手にタナを狙えば一度にたくさん釣れちゃうことも!! 初心者の方でも、簡単に数釣りが楽しめますよ♪
小さくても美味しいのがイサキの特徴、その味は鯛に匹敵する美味しさとも言われています。栄養価も高く、良質の不飽和脂肪酸を多く含むので、血中の中性脂肪やコレステロール値を調節する働きもあるので、ぜひお刺身や煮付け、塩焼きなど幅広くお楽しみ下さい♪
※ポイントによって料金が異なる場合があります。事前にご確認ください。
[プランの詳細]

釣楽価格: 15,000円/人

釣楽ポイント: 1,500ポイント還元!

出船時刻: 2月は5:30、3~7月は5:00となります。

 

宗像エリア神湊漁港

車: 古賀ICまたは若宮IC(九州自動車道)から約18km

電車: 東郷駅(JR鹿児島本線)

 

ページのトップへ