週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

金谷名物の美味アジとクロダイ五目で大満足!【金谷港/太海丸】

金アジ/太海丸

狙いが当たって大釣果。

アジは良型揃いでトップ46尾!

アジタックル/太海丸春アジを狙って3月28日(月)、内房金谷太海丸を訪れた。


集まったのは4人。うち2人はこれから本番を迎えるクロダイ専門、1人はアジを狙いつつ大物を狙う泳がせ釣り。そして私は「美味しいアジを釣っちゃおう」と本命だけを狙う。


仕掛けはアミコマセを使うため相性のいいウイリー仕掛け。市販品はチヌバリなので、バラシ防止のためムツバリにした自作のものを使う。


午前7時、高濱清船長の操船で出船。航程約15分で真沖の水深52メートルのポイントへ。タナは下から6メートル前後。


仕掛け投入後、ビシが着底したら3メートルタナを切り、そこから3メートルを誘う。残念なことにアタリは遠く、根気よくコマセを撒く。1時間ほど経っても船中で魚信はなくポイント移動。


今度はタイヤ魚礁の水深27メートル。「今度は釣れても釣れなくてもじっくり狙います。アジは一日何回かはエサを食べますのでそれを狙います。クロダイはアジが釣れだしたら口を使いますので、それからですね」とアナウンス。


最初は「寄せる」という意味でコマセを撒く。続けること30分、ガツンと竿がしなった。「よし、これはいいぞ」と取り込んだのは22センチと35センチの本命一荷。私にとってはこれから釣れるという合図だ。


タナは24メートルをインプットして次からは上からタナを取る。26メートルでストップさせ、20センチずつ竿を振って探る。活性は高くなさそうなので、魚を驚かせないように振り幅を小さく、ビシはハデに動かさない。


しかし、棚に届くまでに10回は竿を振るので、パラッパラッとコマセが出る。その中に仕掛けが入り、ハリが躍るイメージで誘う。この釣り方で30センチ前後が連釣


「アジが釣れ始めたのでクロダイ狙いの人はやってください。タナはビシが底から50~100センチ上をキープ、エサは底スレスレで」とアナウンスされ、2人が狙いをクロダイに。

 

アジの食いはよく、連釣していると鎌田さん(市原市)が45センチ1.4キロ40センチ1キロのクロダイを連発。腹がパンパンで乗っ込み間近か。

 

クロダイ/太海丸

クロダイ2尾を上げた鎌田さん。


今度は左舷ミヨシに入った沼田さんが泳がせで2.9キロのイナワラをゲット


すると、アジのアタリはサッパリに。「木村さん、大きい魚が動けばアジは怖がって逃げてしまいますね」と冷やかされる。

 

イナワラ/太海丸

沼田さんは2.9キロのイナワラを泳がせで仕留めた。


ここは負けじとコマセを撒き続ける。30分もすると再び大型本命がお出迎え。またまた入れ食いスタート。タナ25メートルの浅場、ビシ60号と比較的ライトなタックルで釣れる魚は30センチ前後。竿は根元からギュンギュン絞られ気分は最高。


楽しい時間はアッという間にすぎ、午後1時に沖上がり。釣果は22~38センチのアジが15~46尾クロダイ狙いの人は0~2尾だった。


アジはこれからシーズンイン。クロダイは5月にかけ産卵に入る。今回はアジ、泳がせ(要事前確認)、クロダイと注文の多い乗船者たちが集まったが、各自の希望に応えてくれたことに感謝した。
(週刊つりニュース関東版/APC・木村英行)

 

【釣行記事一覧はこちら】
http://cho-raku.jp/contents/choko_kiji/lists

今回乗船した釣り船

太海丸(ふとみまる)

クロダイ・アジ五目乗合プラン

クロダイ・アジ五目乗合プラン

開幕した内房金谷のクロダイを狙って出船します。アジ狙いでコマセを効かせ、魚が寄ってからが勝負! クロダイやアジ以外にも様々な魚がかかるので賑やかな釣りになりますよ! 当地のアジは特に美味しいと評判。大アジは絶品です★ [プランの詳細]

釣楽価格: 8,500円/人

釣楽ポイント: 850ポイント還元!

レンタル: 竿&手巻きリールセット無料。

 

内房エリア金谷港

車: 富津金谷IC(富津館山道路)から約3km

電車: 浜金谷駅(JR内房線)

 

ページのトップへ