週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

福岡沖ノ島沖イサキ釣り本格シーズンへ!【鐘崎漁港/明生丸】

食べ盛りイサキ多点掛けで数いただき!

イサキ/明生丸3月13日、福岡県宗像市大島明生丸を利用して、沖の島沖へイサキ釣りに出かけた。


今回のメンバーは北九州市戸畑区の佐田剛さん、小倉南区の岩倉隆司さん、井口敏則さん、太宰府市の林龍雄さん、東区の浦川博さん。午前5時に神湊港に到着すると、すでに皆さん集まっていて船を待っていた。


当日の天気は曇り後雨でウネリはなく、5時30分に出港。釣り場に到着すると水深は46メートルで、タナ30メートルで釣るように船長から指示がでる。


この船には探見丸システムが搭載されており、イサキは海底の起伏のある場所での釣りとなるので有利なアイテムだ。今回も探見丸の有無で釣果に大きな差がでていた。


右舷船尾に釣座を構えて釣りを開始すると、まきエも出ないうちからアタリがでた。1投目からイサキ30~40センチ級がダブルやトリプルで掛かってきて、ハリ掛かりが悪いときはバラしてしまうこともあるが引きはいい。


釣り始めて1時間もすると左舷船尾で釣っていた浦川さんがマダイを掛け、イサキとは違う引きを見せて上がってきたのは2.5キロ級だった。

 

マダイ/明生丸

林さんには3キロ級のマダイも。


船前方側ではイサキがよく掛かっており、ハリの数だけ掛けている人も。だが長ハリスを使うとイサキの型が落ちてくるようだった。


右舷胴の間で釣っていた井口さんはこの釣りは二度目で、隣(右舷ミヨシ)の佐田さんのアドバイスを聞きながら数釣りを楽しんでいた。そんな中、船長が操舵室から出てきてタモを持ったので何かなと思っていると、何と2.5キロ級のイシダイを取り込んだ。


その後、左舷ミヨシの林さんにマダイ3キロ級が掛かり、サオを見ると何と落とし込み釣り用のものを使っていたのでびっくりした。


当日の釣果は釣る人89尾で、マダイは3尾。今回は青物は顔を見せてくれなかった。

 

イサキ/明生丸

釣果に恵まれたイサキ釣り。


これからの釣り物はイサキ釣りがメーンとなるが、潮次第では根魚釣りも出船するとのことなのでこちらも楽しみだ。
(週刊つりニュース西部版/APC・飛高宏佳)

 

【釣行記事一覧はこちら】
http://cho-raku.jp/contents/choko_kiji/lists

今回乗船した釣り船

明生丸(みょうじょうまる)

[乗合]イサキ釣りプラン

[乗合]イサキ釣りプラン

イサキを狙って出船します。イサキは大きさも手頃で扱いやすく、群れを作って行動するため、上手にタナを狙えば一度にたくさん釣れちゃうことも! 初心者の方でも、簡単に数釣りが楽しめますよ♪
小さくても美味しいのがイサキの特徴、その味は鯛に匹敵する美味しさとも言われています。栄養価も高く、良質の不飽和脂肪酸を多く含むので、血中の中性脂肪やコレステロール値を調節する働きもあるので、ぜひお刺身や煮付け、塩焼きなど幅広くお楽しみ下さい♪
※乗合人数が4名様以上より出船しています。乗合人数が4名様に満たない場合は出船することができません。
[プランの詳細]

釣楽価格: 15,000円/人

釣楽ポイント: 1,500ポイント還元!

備考: ※乗合人数4名様以上より出船しています。

 

宗像エリア神湊漁港

車: 古賀ICまたは若宮IC(九州自動車道) から約20km

電車: 赤間駅(JR鹿児島本線)

 

ページのトップへ