週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

お土産いろいろ♪ 内房マダイ五目釣り【勝山港/第三庄幸丸】

漁礁周りを探り回ってお土産魚種多彩

コマセマダイ/第三庄幸丸3月8日(火)、内房・勝山庄幸丸マダイ・アジの五目釣りに出かけた。


出船1時間前に船着場に到着。右舷トモの席札を取り準備を済ませ、庄司剛大船長とあいさつを交わして乗船。常連の2人、小澤さんが右舷、岩埜さんが左舷のミヨシ寄りに釣り座を取った。


午前6時に出船。25分ほど南下して大房岬沖の水深70メートル前後のポイントへ。天候は晴れ、約1~2メートルの北風、波は1メートル以下のナギ。潮は澄んだ青緑色で流れはほぼない。


「底からで結構です。すぐ2メートル上げてコマセを振り、上へとコマセを撒いて、底から仕掛け長分+2メートルの10メートルで待ってください。潮が動いてないですから時どき誘いを入れてください」と具体的な指示と合図で投入。

船長のいう要領でビシを下のタナに合わせると、イトが垂直に立った。


コマセマダイタックル/第三庄幸丸数分経過し、仕掛けを回収するとエサが残っている。これが4~5回続く。しかし30分ほど経過すると、エサが半分食いちぎられるようになる。

船長から「タイのエサの取り方ですね。潮が動かないとまともには食わない。置きっ放しはダメ。長くても3分以内に回収してチェックして」とアナウンスがあった。


開始から40分経過したところで小移動。同じように探ったが食わず、7時40分、魚礁が入っているポイントへ。ビシを沈め「水深73メートルで止めて、65メートルまでコマセを撒きつつシャクリ上げてアタリを待つように」と指示が出た。


すると1投目から小澤さんと私に30~33センチのアジが、岩埜さんは35センチ級カンコウッカリカサゴ)掛かった。


私はウスメバル35センチ級アジのダブル。3投目以降は潮が流れず、すぐにエサ取りが集まり、ハリからエサがなくなってしまう。別の魚礁に行ってみたが同じ結果。


9時、富浦沖へ移動。水深70メートルのポイントで指示ダナは「底からハリスぶん+2メートル」。1投目で船長にヒット、400グラム級のマダイが上がったが後が続かず、近くの水深50メートル前後の魚礁へ移動。

 

コマセマダイ/第三庄幸丸カンコ/第三庄幸丸

(左)まずは船長に本命がヒット。
(右)美味魚のカンコも。


コマセマダイ/第三庄幸丸この移動が吉と出て、岩埜さんに22センチのカワハギシラコダイのダブル。数分後には小澤さんに500グラム級マダイ、続けて私にも竿先を引き込むようなアタリ。アワセを入れて中速で巻き上げ、先バリに掛かった500グラム級マダイを抜き上げると船長もホッとした様子。

 

(右)小澤さんが船中一号のマダイ。


ここもエサ取りが激しく、少し深場へ。わずかに潮が動き出したようで私が2尾目の500グラム級マダイを釣り上げると、小澤さんと岩埜さんも400~500グラム級全員マダイの型を見た


最後に館山湾の水深75メートルの魚礁ポイントへ。私は良型アジのダブルもあり5尾追釣。午後1時に沖上がり。


船中で400~500グラムマダイ1~2尾30~35センチアジ5~10尾。ほかウスメバルカンコカワハギなどが交じった。

 

コマセマダイ釣果/第三庄幸丸

多彩なゲストに恵まれた一日に。


【船長のコメント】……「乗っ込みは例年4~5月のゴールデンウイークがピーク。大型の確率も高く、新しい群れが入ると6月まで好釣りが続くこともあります。ぜひ遊びに来てください」
(週刊つりニュース関東版/APC・木津光永)

 

【釣行記事一覧はこちら】
http://cho-raku.jp/contents/choko_kiji/lists

今回乗船した釣り船

第三庄幸丸(しょうこうまる)

引き&食味とも人気★マダイ乗合プラン

引き&食味とも人気★マダイ乗合プラン

マダイは容姿・引き・食味とどれを取っても他魚種に引けを取らず、不動の人気ターゲットに君臨。難しく感じる人もいるかもしれないが、この釣りを大得意とする船長に色々聞けば、ビギナーでも海の王者が釣れること間違いなし! [プランの詳細]

釣楽価格: 11,000円/人

釣楽ポイント: 1,100ポイント還元!

備考: 4~6月は5時出船、13時帰港です。

 

内房エリア勝山港

車: 鋸南富山IC(富津館山道路)から約2km

電車: 安房勝山駅(JR内房線)

 

ページのトップへ