週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

メバル魚影濃い宗像沖で繊細な釣趣に満足【鐘崎漁港/須賀丸】

メバル/須賀丸

テクニックを駆使しての一荷!

宗像地島沖のメバル1人平均35尾!

メバルタックル/須賀丸2月28日に福岡県宗像市は地島港の須賀丸の船長からメバル釣りのお誘い。
午前6時をすぎて沖五目釣りの船が迎えに来る。


この日のメンバーは太宰府市の古川勝さんに、福岡市の田中信明さん、小島久勝さんと私。


この船は探見丸システム搭載船だ。ポイントに着いて仕掛けを作って探見丸で海底を見ると起伏のある海底が見えてきて船長から仕掛け投入の合図がある。


メバルの生息域は岩礁帯のくぼみがある所に生息して、常にエサがくぼみの前を通る時に食っているようだ。


特にメバルは目がいいので仕掛けの1.5号以上を使うと食ってこないそうかといって1号以下の細い物を使うとハリス切れを起こす


今回使用しているサビキのハリにはサバ皮にメバルが好む色をつけている。メバルが好む色とは濃いグリーン系で、これが海藻に似ている。


メバル/須賀丸釣り方としては仕掛けが海底に着いたら1メートル上げ、落とす時にゆっくり落とすと海中でユラユラ落ちるので海藻と間違えてサビキを食ってくる。

 

(右)慎重なやりとりでトリプルヒット。


このメバルも引きは強くないがハリがあるだけ掛かると引きも強くなってくるので注意して巻き上げると良い。


メバル釣りはミチイトを張った状態でアタリがサオ先によく伝わるようにする。強くアワせるとハリス切れをするのでアワせる必要はない。


メバルはエサを吸い込んで反転して逃げるのでハリ掛かりは〝ジゴク〟というのか口の横に掛かるか、上アゴか下アゴに掛かってくる。のみ込むことは少ない。


メバル釣りではイサキ、アラカブ、小アジ、イワシもよく掛かってくるうれしい外道で、メバルに限らず海藻はよく食べるのだろう。


古川さんはメバル釣りが初めてで、仕掛けもよくわからず船の中で小島さんから仕掛けを買って釣り方も習って釣りだすと、メバルがよく釣れていた。


田中さんは釣り始めて何投目か強い引きにあって、その引きをかわして上がってきたのがイサキの40センチ級だ。


小島さんは釣具メーカーからの依頼で先調子のサオを使っていたがメバル釣りには6対4か5対5調子のサオの方がバラシは少なかった。


この日の釣果はメバル大小合わせて1人平均35尾にイサキが1尾にアラカブは10尾の釣りになった。
(週刊つりニュース西部版/APC・飛高宏佳)

 

【釣行記事一覧はこちら】
http://cho-raku.jp/contents/choko_kiji/lists

今回乗船した釣り船

須賀丸(すがまる)

メバル・アラカブ釣り乗合プラン

メバル・アラカブ釣り乗合プラン

メバル・アラカブを狙って出船します。胴突き仕掛けで岩礁帯を攻めるメバル&アラカブ釣り。アラカブがエサを口にするとコツコツとサオ先にアタリがでるか、一気に持ち込むアタリがでるので、一気に底から浮かせて一定のスピードで巻上げよう!! [プランの詳細]

釣楽価格: 10,000円/人

釣楽ポイント: 1,000ポイント還元!

備考: レンタル1セット無料、3セット取り扱いあり。

 

宗像エリア鐘崎漁港

車: 古賀ICまたは若宮IC(九州自動車道)から約20km

電車: 赤間駅(JR鹿児島本線)

 

ページのトップへ