週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

東京湾良型多数! ボートゲームの夜メバル【東神奈川/D-マリーナ】

夜メバル/D-マリーナ

試行錯誤を繰り返して本命を引き出すのが楽しい!

25センチ級とカサゴが連発

夜メバルタックル/D-マリーナ

2月29日(月)、東京湾東神奈川D-マリーナから池上船長が舵をとるメバル・カサゴルアー船で出船。


前日まで同宿のメバルトーナメントがあり、良型のメバルが数多く上がったとのこと。しかし当日はかなりの強風で、風裏となるポイントにしか入れないほど選択肢が少ない。


釣り方は大きく分けてリトリーブとフォールの2パターン。はじめにその日の状況をサーチする必要がある。表層から中層、ボトムと順にリトリーブの釣りから探ると効率よくヒットパターンを探れる。


まず岸壁沿いに空洞があり、穴打ちもできる水深約10メートルのポイントで開始。強風ということもあり、ジグヘッド2.5グラムラインはナイロン2.5ポンドでサーチする。活性が高ければレンジを探りながらのリトリーブで釣れるので、レンジを分けながらただ巻きでサーチ。


着水後、「すぐ」、「約3秒カウントダウン後」、「約6秒カウントダウン後」とリトリーブのタイミングを変え、表層から徐じょにサーチしたが反応は得られない。


次にフォールパターンを試す。風が強く、ストラクチャーに着くメバルを狙って、ルアーをカーブフォール。風と流れに乗せてドリフトさせる。


ここでも反応はなく、船長のアドバイスでジグヘッドを1.2グラムまで軽くする。すると、交換後に同じ釣り方ですぐにヒット。その後、同行した友人もヒット。20センチ前後のアベレージサイズのメバルが釣れた。


活性の低いポイントではジグヘッドの重さでフォールのスピードを変えてみるのもローテーションのなかでは大切だ。

 

夜メバル/D-マリーナ

戦術がピタリとハマってダブルヒットも


表層寄りでよく反応する魚が多く、風や海の流れをうまく利用してストラクチャーに寄せるフォールのパターンが強いことが分かった。このパターンで、友人と連続ヒットを楽しんだ。


途中、岸壁沿いから角地に入るような、潮が溜まるポイントに入った。常夜灯のなか、風波でバシャバシャして見づらいが、魚がライズしているように見えた。


時期的にもバチ抜けも十分に考えられたので、試しに表層をジグヘッドでリトリーブするとすぐにアベレージサイズのメバルをキャッチ。水面直下でもひったくるような強いバイトで釣れた。


ここで、もう少し飛距離がだせるように竿を持ち替え、シンキングペンシルを投げるとこれも1投目からヒット。ただ投げて巻くだけだとアワせても乗らないような小さいアタリが多かった。


本命のポイントのど真ん中にいきなりキャストするより、少しずらしたところから風にラインを乗せて本命のポイントへ流すようにリトリーブするとより強いバイトが出た。


ここではラインをもっと風に乗せたかったので、PE0.3号にリーダー3ポンドのセッティングに変更した。


釣れるレンジを見つけられ、後半は型物を狙う釣りにシフト。カサゴ交じりに25センチ級のメバルを連発することも。


ここでは、2.5グラムのジグヘッドを使い、ライトワインドフォールを織り交ぜて探る。風と流れを味方につけ、楽しい3時間をすごせた。


これからバチ抜けシーズンに本格突入すれば、リトリーブの釣りも楽しめる。チャーターボートとなるとついつい敷居も高く感じられるが、同宿は乗合船も出船。「これからボートゲームを始めよう」と考えている人にも勧めたい時期だ。

(週刊つりニュース関東版/埼玉・池田亮夫)

BST1~2戦結果

東京湾でルアー&フライによるボートシーバスフィッシングのトップアングラーを決定する大会「BST ボートシーバストーナメント」。原則として1艇に1人(選手兼キャプテン)で競技し、6戦にわたって繰り広げられる。


2月2日の第1戦ではD-マリーナ池上日明(以下敬称略)がランク1位。ストライカーの早川昌和が2位。シーウルフの内田信吾が3位。


2月16日が第2戦。1位がリアルの森田英典。2位はアイランドクルーズの遠藤正明。3位内田信吾、4位池上日明となっている。残す4戦あるのでまだまだチャンピオンの行方は分からない。第3戦は5月17日開催予定。
(週刊つりニュース編集部まとめ)

 

【釣行記事一覧はこちら】
http://cho-raku.jp/contents/choko_kiji/lists

今回乗船した釣り船

D-マリーナ(でぃーまりーな)

★繊細なゲームを楽しむ★夜メバル・カサゴ釣りプラン

★繊細なゲームを楽しむ★夜メバル・カサゴ釣りプラン

夜間出艇のボートメバル・カサゴ釣りプランです。
冬~春にかけて好季を迎えるメバルは、シーバスと並んで港湾部のルアーフィッシングで人気のターゲットです。好ポイントには多くのアングラーが訪れ、常に高プレッシャーとなっている横浜エリア。このプランでは、陸からは攻められないフレッシュな魚を狙えます。
繊細なスピニングタックルに軽めのジグヘッド+ワームの組み合わせをメーンに探ります。近年は、ほかにも様々なリグが編み出され、多様な攻略が可能ですよ!
[プランの詳細]

釣楽価格: 7,560円/人

釣楽ポイント: 756ポイント還元!

備考: 最大4名様まで乗船可能。

 

東京湾(横浜)エリア東神奈川

車: 東神奈川IC(首都高速神奈川1号横羽線)から約1km

電車: 仲木戸駅(京急本線)

 

ページのトップへ