週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

マダイ乗っ込み最前線! 錦江湾タイラバゲーム【鹿児島/海晴丸】

タイラバ/海晴丸

嬉しい良型がヒット!

鹿児島は魚影の濃さ、型ともに抜群!

タイラバタックル/海晴丸コマセマダイファンにとって『待ちに待った』シーズン到来ともいうべき春。産卵を控えたマダイたちが大群で接岸してくる。


2月11日、タイラバで大ダイを狙ってやろうと集まった7人を乗せ、海晴丸は鹿児島県姶良市重富漁港を午前5時に出港した。

 

ポイントとなる湾口には6時半に到着。まだ薄暗い最初のポイントで1投目を投入した。

 

水深は70メートルで船長指示は海底から30メートルまでを早巻きのスピードで巻くということだ。

 

潮流が速いためジグウエイトは100グラムスタートで、時には130グラムまでを使うこともある本土最南端の佐多岬エリアだ。


1流し目からヒットしてきたのは1キロほどのアオハタオオモンハタの根魚で、次の流しでイトヨリが釣れたが、肝心のマダイのアタリはなく、そのあとパッタリと沈黙が1時間ほど続いた。

 

やっと潮が下げだした9時くらいにアタリがぽつぽつと出始め、霧島市の浜崎さんに船中1尾目となるうれしい2キロほどのマダイが上がると、ミヨシの方で釣っていた森本さんもすぐにヒットが続いた。上がってくるのはどれも産卵色でやや黒ずんでおり型がよく、3キロはありそう


このように錦江湾では下げ潮になった途端、バタバタと釣れだすケースがあるが、当日もまさにこのパターンにハマったようで、その後アタリが連発した。

 

タイラバを落とすたびに鮮明なアタリがゴツゴツと続いたり、時には3人、4人が同時ヒットとなった。

 

桜ダイの活性は良いようで、よっぽどタイラバを追いかけまわしていたのかフォール中のアタリも多く、サミングしながら落とし込む『フォールパターン』でマダイを連発する人もいたほどだった。

 

タイラバ/海晴丸タイラバ/海晴丸

薄紅色が鮮やかな桜ダイ〟の大型が続々!

 

タイラバ初挑戦の姶良市の日高さんも電動タイラバで4キロ頭に5尾の釣果平均2~3キロサイズのマダイを、トップは10尾を超える釣行となった。


タイラバにとって1年で最もアタリの多いこの時期型、引き、味の三拍子そろった錦江湾の乗っ込みマダイをはじめ、根魚など何が釣れるか楽しみな錦江湾のタイラバ&インチクゲームに興味のある方は挑戦してみてはいかがだろうか。
(週刊つりニュース西部版/APC・中田清治)

 

【釣行記事一覧はこちら】
http://cho-raku.jp/contents/choko_kiji/lists

今回乗船した釣り船

海晴丸(かいせいまる)

タイラバ・マダイテンヤ★湾内流し釣り(スパンカー&シーアンカー)プラン

タイラバ・マダイテンヤ★湾内流し釣り(スパンカー&シーアンカー)プラン

湾内でタイラバ・マダイテンヤを楽しむプランです。
鹿児島・錦江(きんこう)湾は、マダイ釣りで全国的にも有名。初心者からベテランさんまで、十分に楽しませてくれること間違いなし。
乗船料は、1人6,000円~とお手ごろ感のある料金設定ですので、ぜひお気軽にご予約ください。また、各種割引サービスもあります。レンタルも豊富で、初心者用の「手ぶらコース」もご用意しています。
[プランの詳細]

釣楽価格: 6,000円/人

釣楽ポイント: 600ポイント還元!

割引: 女性・中学生以下割引あり。

 

姶良エリア重富漁港

車: 姶良IC(九州自動車道)から約4km

電車: 重富駅(JR日豊本線)

 

ページのトップへ