週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

東京湾のLTアジを気軽な午前船で楽しむ【金沢八景/荒川屋】

LTアジ/荒川屋

船釣り初挑戦で見事な一荷。

積極的にアタリダナ探って釣果をのばそう

LTアジタックル/荒川屋周年気軽に狙えるターゲットとして、東京湾奥で不動の人気を誇るLTアジ。30~40号の軽いビシを使い、1尾の引きの強さを再確認させてくれる釣りとして、ビギナーからベテランまで人気がある。


2月という極寒期ではあるが釣果は堅釣で、2月6日(土)、東京湾金沢八景(瀬戸橋)の荒川屋午前船で釣行した。


舵を握る池島剛船長は「ポイントは八景沖の水深30メートル前後で、小ぶりサイズが中心ですが、コンスタントに顔は出ています。ただ、潮が速いことが多く、タナもズレやすいので、こまめなタナ取りが釣果につながります


出船時間の午前7時半までに7人が集合。右舷に3人。左舷に4人が入り出船。約10分で通称〝赤灯周り〟と呼ばれる八景沖の定番ポイントに到着。すでに多くの船が集まっている。


「お待たせしました、では始めてみましょう。水深は27メートル。タナは底からハリスの長さプラス50センチを目安にその上下をこまかく探ってみてください。アタリがでない時はタナの取り直しをひん繁にしてみてくださいね」のアナウンスでスタート。ビシの中へは、イワシのミンチをふんわりと詰め、仕掛けとビシが重ならないように投入。


私の仕掛けは全長2メートル。ビシ着底後、ミチイトのマークを基準に底から1メートルと2メートル、さらに50センチ上げたところで竿先をチョンと動かし、海中に小さなコマセの煙幕を作り出すイメージで指示ダナに合わせた。


当日の潮回りは中潮で、干潮が午前9時40分ごろ。出船前に船長が話していた通り、下げの潮の流れが表層部は速く、船はポイント上に止まろうとすることでミチイトはトモ方向に引っ張られていく。この状況でアタリを待ち続けてもビシは引っ張られ、タナが上ずってしまう。タナの取り直しをひん繁に行うようアナウンスしていたことは、このタナボケをなくすことが目的だった。


私もタナ取り後、アタリを待つ時間は20秒ほどとし、アタリがでなければ、タナを取り直す。これを2回繰り返し、コマセの打ち替えを行う。


開始直後から、本命はポツポツと姿を見せるが、活性は今ひとつ。ブルッと竿先を揺らす魚信はでるものの、このアタリではバラシも多かった。竿先を引き込むような食い込みのいいタナを見つけるため、ゆっくりとしたスピードで仕掛けを上下させながらタナを探る。


この状況下では、船長の指示ダナよりも少し高めの位置で強いアタリがでており、その高さのタナを基点に追い食いをさせ、多点掛けを狙った。


右舷ミヨシに座る横浜市の栗林正勝さんは手返しよく釣果を伸ばしている。コツを聞くと「活性があまり高くないので、積極的にタナを探ることを基本に考えています。アジ釣りというとコマセで寄せるというイメージが強いかもしれませんが、私は付けエサをいかに食わせるかということを意識しているので、ルアー的な感覚でやっています。活性が低い時ほど、リアクションバイトを増やすように付けエサを動かしています」

 

LTアジ/荒川屋LTアジ/荒川屋

(左)リアクションバイトで食わせて数を伸ばした竿頭の栗林さん。
(右)初心者からベテランまで堪能できるのがこの釣りの魅力!


釣り方を見ると、ビシに入れるコマセの量はごく少量。タナを取った後は指示ダナ前後を常に動かし、アタリの強弱で、3本バリのどのハリに掛かっているかをイメージしながらさらに誘いを入れ多点掛けを狙う。船中ではポツポツというペースだが、栗林さんはその後も連釣を重ね、数を伸ばしていった。


201602193604左舷胴の間では、この日が初の船釣りという男性2人組が乗船。活性が上がらず、取り込み時のバラシも多いなど、なかなか厳しい状況だったが、イシモチを交えながら時に本命を一荷で取り込むなど笑顔が絶えなかった。

 

(右)本命ゲットでVサイン!


午前11時すぎに沖上がり。船中釣果は、18~25センチ13~73尾。竿頭は栗林さんで、私は67尾。船中の平均は30尾前後だった。


初心者向けというハードルの低さだけではなく、ベテランをも夢中にさせるLTアジは、その釣趣の豊かさはもちろん、アフターフィッシングとしても存分に楽しめる。


【船長のコメント】……「水温が低い時期は、例年赤灯周りのポイントがメーンになりますが、これから水温が上がってくると、攻めるポイントもどんどんと増えてきます。狙う水深も浅くなり、魚の活性も上がってくるので、初心者の方でも楽しめます。釣り方など分からないことはなんでも教えますので、気軽に足を運んでみてください」
(週刊つりニュース関東版/APC・田中義博)

 

【釣行記事一覧はこちら】
http://cho-raku.jp/contents/choko_kiji/lists

今回乗船した釣り船

荒川屋(あらかわや)

朝だけサクッと◇LTアジ乗合プラン

朝だけサクッと◇LTアジ乗合プラン

午前7時30分に出船して11時に終了、11時30分には帰港という手軽な午前船のプランです。
ターゲットのアジは、いわずと知れた庶民派の代表魚。LTはライトタックルの略で、ほかのアジ釣りに比べて道具が軽いのが特長。釣り方はコマセという撒きエサを使い魚を寄せてながら釣ります。
食材として、どんなものにも応用がきく魚ですので、女性や親子釣行、初めての人にもオススメです。
15~20センチが平均的に釣れますが、いい群れにあたると、25~30㌢以上にもなり、強い引き味が楽しめますよ。
料理としては、刺し身やナメロウはもちろん、空揚げ、干物、煮付けなどがあげればきりがありませんよ。新鮮なので、釣り人ならではのフワフワのアジフライに挑戦したりするのもいいでしょう。
[プランの詳細]

釣楽価格: 6,200円/人

釣楽ポイント: 620ポイント還元!

割引: 女性・大学生・高校生・中学生は割引がございます。

 

東京湾(横浜)エリア金沢八景

車: 朝比奈IC(横浜横須賀道路)から約4km

電車: 金沢八景駅(京急本線)

 

ページのトップへ