週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

5時間釣れっぱなし! 下田の熱い寒イサキ【外浦港/岩澄丸】

イサキ/岩澄丸

高井さんは良型の一荷に笑顔。

エサ取り少なく2~3点掛け連発の快適釣行

冬、脂を蓄えた寒イサキ。昨年の12月28日に静岡県下田外浦岩澄丸から取材。数は連日50尾前後と堅く、サイズも30~35センチ主体で絶好調との事前情報だったが、それを上回る釣れっぷりだった。

 

船宿併営の民宿岩澄に集合。空が白みだすと、各自港へ向かい準備を始め、午前6時半、長友学船長の舵で出港。

 

地図/岩澄丸地図/岩澄丸


当日は梅田和博さん(多摩市)と高井幸保さん(町田市)20年来の釣友コンビと、地元下田の常連稲葉廣行さんが乗船。


磯釣りファンが竿を出す岩場をぬい、日の出を拝みつつ10分程走り、真沖へ。


「上から20でどうぞ」と指示が出ると。オキアミコマセを80号ビシに詰める。配布されたオキアミをハリ付け、投入開始。一投目から景気よく全員の竿が曲がる。


操舵室の魚探を見ると20メートルラインにびっしりと反応が出ていた。


梅田さんと高井さんは「ガツガツしないでじっくり楽しみたい」と2本バリ仕掛け。


梅田さんは竿を2本用意。出船前「船が揺れるなら軟らかい竿を使う」と言っており、前日の強い西風の影響で波がやや高い状況に合わせ軟調竿を選択。


常連の稲葉さんは3本バリ。3点掛けで投入ごとに数を伸ばす。


付けエサのオキアミは、ウマヅラなどのエサ取りが多い場所やタイミングでは敬遠されがち。しかし、今回エサ取りは交じらず、本命の食いが止まらない

 

イサキ/岩澄丸

付けエサにはオキアミを使用。エサ取りもほとんどいなかった。


食いがいい時は誘いは特に必要なく、しっかりタナを合わせさえすればいい。でもタナは下げちゃだめ。コマセは何もしないでも下へ落ちるけど、どうやっても下から上にはいかないんだから」と船長。何をやっても釣れそうなときでも、タナをキープすることが大切。


また、ハリを飲まれた魚を外すのに時間を取られると、釣果が落ちるもの。そこで、高井さんは、大きいハリに結び変え、手返しアップを図る。結び変えたことで食いが落ちることも無く、引き続き釣果を伸ばした。


開始から2時間ほどラッシュが続き、すでに稲葉さんは40尾に到達。しかし、さすがに食いが落ちてきたため移動。


10分ほどで、白浜沖のポイントへ。先と同じタナ指示があると、この場所でも竿が曲がりっぱなしの状態に突入。梅田さんの軟調竿がきれいな弧を描いてキュンキュンと絞り込まれる。


移動後も釣れ続け、結果的には2ヶ所で5時間釣れ続けた高井さんは「コマセをなしでも釣れる」と付けエサだけで楽しんでいたような状況。


しかし、終盤食いが落ちると、梅田さんは、エサのオキアミを抱き合わせでつけ、エサバリの動きを変えると、すぐに魚からの回答が出て連発。全員のクーラーボックスが閉まらなくなった正午に早上がり

 

イサキ/岩澄丸イサキ/岩澄丸

(左)梅田さんは2本針で楽しんでいた。
(右)ハリ数が釣果に直結するような大漁モード。


トップは稲葉さんで93尾。実際に数えてみると、改めて驚いた様子。この日の船中釣果は70~93尾。やはり3本バリに分があった。


数釣りを敬遠している人がいるかもしれないが、実際に楽しんでいる様子を見るとエサ付けを変えて食いを維持させたり、手返しを速めるためのアイデアを実践したり、細かなテクニックにあふれている。


タナさえ合わせれば置き竿でも竿を絞込みハリ掛かりするので、不慣れなビギナーにお勧めだが、色々な釣りを経験したベテランも改めてこの数釣りを体験してもらいたい。


ちょっとした発想や誘い方を実践してみれば、釣果に影響がでることが実感できる。そこで狙い通りに決まれば会心の釣りができるはずだ。


下船後、宿に戻り、昼食を囲み「今年は最後にいい釣りさせてもらった」と梅田さんと高井さんは納竿釣行を締めくくり帰路についた。


「急激に水温が下がることさえなければ、このまま梅雨イサキシーズンまで釣れ続けると思います。春になればマダイも狙えますよ。このほかカワハギオニカサゴにも出船します。素泊まり釣行後の入浴もできますのでゆったり遊びに来てください」と船長。


脂の乗った寒イサキは絶品。刺身は、しっかりとウロコを取り、皮付きのままバーナーやコンロであぶると皮と身の間の脂が堪能できる。また、たくさん釣れたらぜい沢に干物にして楽しむのもいいだろう。

寒イサキは脂乗りよく皮まで堪能

この時期ならではの脂の乗った寒イサキ。刺し身もいいが、特有の美味しさがある皮も楽しめる食べ方がお勧め。


ウロコをしっかり取り三枚に下ろし、骨抜きで骨を抜いたら、皮付きのままバーナーやコンロであぶる。皮と身の間の脂が堪能できる。焼かずに湯引きして霜皮造りも美味。

 

イサキの霜皮作り/岩澄丸

皮と身の間の上品な脂を堪能。


また、鍋で残ったアラや昆布でダシをとり、しゃぶしゃぶも皮付きで美味しく食べられる。小型は干物が絶品

(週刊つりニュース関東版/本誌・大高 崇)

 

【釣行記事一覧はこちら】
http://cho-raku.jp/contents/choko_kiji/lists

今回乗船した釣り船

岩澄丸(いわすみまる)

下田名物◆地物イサキとマダイを釣ろうプラン

下田名物◆地物イサキとマダイを釣ろうプラン

イサキとマダイを狙って出船します。
下田沖のイサキは型がいいので大評判☆ 特に冬~春は脂が乗り、食味抜群です。梅雨にかけては産卵となり、珍味の卵、白子も味わえるのでオススメですよ♪
マダイは他の白身魚よりも甘みが強く、お刺身にはもってこい! また、低カロリーで脂肪分も少ないため女性にもオススメ! ぜひお刺身や煮付け、塩焼きなど幅広くお楽しみ下さい♪
[プランの詳細]

釣楽価格: 13,650円 / 人

釣楽ポイント: 1,365ポイント還元!

備考: 竿・仕掛けレンタル無料です。

 

南伊豆エリア外浦港

車: 修善寺道路・修善寺ICから約48km

電車: 伊豆急下田駅(伊豆急行線)

 

ページのトップへ