週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

アオナ連掛け!! 玄界灘で高級魚三昧【宗像鐘崎/須賀丸】

アマ/須賀丸

良型のアマダイを仕留めた筆者。

1投目からレンコ28センチ級がヒット

沖五目タックル/須賀丸12月13日に福岡県宗像市・地島の須賀丸の船長から沖五目釣りの誘いを受けて釣行した。


出港時間は午前5時半で釣友には5時までに鐘崎港に来てもらう。この日は乗り合いで、釣友の春田昌昭さんに宗像市の中川嘉昭さん、そして八女市の尾上さんと筑後市の姫野さん、山崎さん、私での釣りだ。


当日の天気は北の風が8.3メートルと強く吹くそうだが、次第に落ちていくとの予報。ウネリは波長の長いウネリで釣りには影響がないようだ。


港を出て船はゆっくりと進み、釣り場には7時前に着いた。仕掛けを作っていると空も明るくなって釣り開始になる。


水深は83メートル。1投目からレンコダイのアタリが出た。引きも良く、上がってきたレンコを見ると28センチ級が釣れていた。


この釣り場で良型レンコが釣れるので1時間ほど釣り、ある程度の土産ができたので次の釣り場へ移動をしながらの釣りになる。


釣り場によってはアオナの群れに遭遇し、アオナ3~4尾と掛けている人もいた。


ふと、春田さんのサオを見ているとサオ先が海面に入ってしまっている。春田さんが真剣な顔をしてサオを握っていたので、どうしたのかと見ていると海面に浮いてきたのはアオナアコウのダブルであった。

 

アオナ・レンコ/須賀丸アオナ/須賀丸

アオナやレンコのれんがけシーンもしばしば。


船長から「中川さんにアマダイが釣れていますよ」と言われて見に行ってみると、アマダイ48センチ級が釣れていた。


尾上さんと姫野さんは仕掛けのハリ数を6本にして、仕掛けの上にオモリの20号を付けて仕掛けを這わせるようにしていた。レンコ狙いでなく根魚狙いのようで掛かった魚はアオナアラカブなどが多く、しかもダブルトリプルと掛けていた。


ちなみに、当日のアマダイ狙いのエサミミイカで、アオナアコウタカバなども冷凍エビよりもミミイカに分があったようだった。釣果はアマダイが2尾アオナが30尾タカバ3尾アコウ1尾イトヨリ12尾レンコなどであった。
(週刊つりニュース西部版/APC・飛高宏佳)

 

【釣行記事一覧はこちら】
http://cho-raku.jp/contents/choko_kiji/lists

今回乗船した釣り船

須賀丸(すがまる)

沖の五目釣り乗合プラン

沖の五目釣り乗合プラン

ターゲットはアマダイ、レンコダイ、根魚など。レンコダイやアオナ、アマダイ、ボッコなど多彩な高級魚を狙って出船します。
エサはミニイカを使用するので、女性やお子様も気軽に始められますよ! 何が釣れるか分からないのも魅力の一つ。思わぬ大物に出会うこともあるので、初心者にもお勧めです♪ 一方、奥が深いのもこの釣りの特徴。釣り方やタックルなどで釣果に2倍、3倍の差がつくことも。
アマダイは水分を多く含んだ身質で、酒蒸し・干物といった料理との愛称は抜群! もちろん釣りたてなら刺し身も良し。生で食べられるのは、まさに釣り人の特権ですね♪「釣って良し」「食べて良し」の沖五目に、ぜひチャレンジしてみて下さい♪
[プランの詳細]

釣楽価格: 13,000円 / 人

釣楽ポイント: 1,300ポイント還元!

備考: 平均的な仕掛け使用数は5個です。

 

宗像エリア鐘崎漁港

車: 九州自動車道・古賀または若宮ICから約20km

電車: 赤間駅(JR鹿児島本線)

 

ページのトップへ