週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

新型カブラで挑む日立沖テンヤマダイ【日立久慈/弘漁丸】

カブラマダイ/弘漁丸

石毛さんがキャッチした本命。

遊動式のカブラは根ズレ対策が大切

カブラマダイタックル/弘漁丸

 大ダイが次つぎに浮上している茨城日立沖。今季は数もいい人2ケタで絶好調。11月4日(水)、アムズデザインのフィールドテスター・石毛卓さんが日立港久慈漁港の弘漁丸から釣行、その様子を取材した。


 集合はまだ暗い午前4時半。気温は低く、ダウンジャケットなどを着込まないと辛いほど。


 くじ引きで釣り座を決めた7人が乗り込み、5時すぎに小泉大輔・若船長の操船で出港。南沖のポイントを目指す。


 30分ほどで到着するとパラシュートアンカーが投入される。「水深は30メートル前後。底上1メートルから落とし込んで誘ってください。岩礁があるので根掛かりに注意してください」のアナウンスで開始。

 

カブラマダイ実釣風景/弘漁丸 カブラマダイ/弘漁丸

太平洋の水平線からまっすぐ朝日が差し込んでくる。
朝の緊張感に包まれる中、薄紅色のマダイが宙を舞う。


カブラマダイ/弘漁丸 石毛さんは「まずは当日の様子を探るために、いろいろ試してみます」と自身がプロデュースした遊動式テンヤの〝真鯛魂レンジセッター〟の5号を投入。


 この製品はヘッド(カブラ)とフックシステムクイックセッター(パイプ)の3パーツに分かれている。まず、リーダーに数センチのクイックセッターを通し、そこカブラを付ける。フックシステムはリーダーに直結。カブラはリーダーの上から下まで自由に動き、これによりカブラとエサの着底にタイムラグが生まれてアピール力が上がる。

 

(右)真鯛魂レンジセッターのセット方法。リーダーを通したクイックセッター(パイプ)をテンヤ本体に押し込んで装着。簡単で手返しが速くなる。


 根周りを攻めるため、底を取りすぎるとカサゴやアイナメといった定番ゲストの餌食に。船中ではこれらの魚が次つぎ掛かるが、石毛さんは底を0.5~1メートル切ってこれを交わす。


「アタリはありますね」と巻き上げたハリにエサはない。どうやら小型に突つかれているようだ。


「遊動式は特性上どうしてもリーダーに根ズレが生じます。傷んだ部分はこまめに切り取りましょう」とハサミで調整。それを見越してリーダーは6~7メートルと長めに取っている。

 

「残り2メートルくらいまでは大丈夫です。PEには伸縮性がないので、長いリーダーにはクッションゴムのような効果も期待できます」


 当日のマダイは機嫌が悪く、船中で上がるのは0.5キロほどの小型ばかり。そこで、遠投して広範囲を探っていく。石毛さんの隣で竿を出す、釣友の鈴木洋隆さんも小型ながら本命を取り込んでいる。

 

カブラマダイ/弘漁丸

釣友の鈴木さんもゲット。


 〝真鯛魂レンジセッター〟はゼロテンションでも誘いの動きが生まれるのは魅力だが、潮の流れが速すぎるとカブラとエサが離れすぎて、アタリ感度が低下する。適宜、サミングして調整を入れたり、テンションフォールに切り換えたりして攻めていく。


「レバーブレーキ付きのリールを使用しているのでフルドラグです。ラインコントロールがタイトになるので、PEにはすごく気を使っています。年間100回釣行するなら2カ月で全交換が理想。少なくても半年ほどで交換しましょう」とラインにも気を使っているのが印象的。


「磯釣りが大好き」という石毛さんは、全遊動式のウキ仕掛けに着想を得たという。9月には鹿島沖でルアー青物船からキメジを釣り上げており、釣りの種類を選ばない腕前だが、当日は「エサ取りの多さに参っちゃう」とぼやく状況が続く。


「一般に言われる〝軽いテンヤのほうがよく釣れる〟というのは間違いだと思います」とコツを教えてくれる。「テンヤの重さは魚の活性で判断するものです。特に初心者は底ダチを確実に取ることを優先しましょう。タナが決まっているなら速効性のある重めのカブラが有利。タナが不明で活性が低く、アタリを取れない場合は浮遊時間の長い軽いテンヤが有利になります。〝真鯛魂レンジセッター〟は通常のテンヤと使用感は変わりません。ただ、アワセのタイミングは遅めなので初心者にも使いやすいですよ」


 昼前になると、強い日差しが差し始めて暖かくなる。今の時期は朝と気温差が大きいので脱ぎ着しやすい服がいい。


 石毛さんはぽつりぽつりと取り込んでいくが小型主体。「きょうのパターンがまったくつかめません」とお手上げ状態。竿を硬めにしたり誘い幅を替えたりしても効果はない。


 石毛さんはゲストを交わして本命を取り込み続けるが、大ダイの姿を見ることはできないまま午後0時半に沖上がり。


 釣果は0.4~0.8キロが6尾。ゲストにショウサイフグカサゴなどが交じった。前日は2.8キロを頭にトップ20尾だったのでとても厳しい日に当たったようだ。


 同沖では今季5~7キロの大型はもちろん、10キロ超えの怪物も姿を見せている。活性が戻ればまだまだ期待十分だ。


 同港は12月からヒラメが解禁される。宿によっては専門出船になるので、マダイで釣行したい時は事前に確認しよう。
(週刊つりニュース関東版/本紙・大谷俊夫)

リーダー切らずにワンタッチでヘッド交換可能な誘導式鯛カブラ

201511200506 imaから発売される遊動式鯛カブラ〝真鯛魂レンジセッター〟。ソウルヘッド(オモリ)とクイックセッター(パイプ)、フックシステムの3パーツに分かれている。


 リーダーを切らずにワンタッチでヘッドを交換できるのが最大の特徴。潮や水色の変化に素早く対応できる。オモリとハリが直結していないためエサが自由に動き、魚に違和感を与えない。ヘッドの素材はタングステンを採用。


 ラインナップはカラー8種。それぞれ3~13号までが準備されている。ヘッドとクイックセッター、ハリはそれぞれ別売りもある。ヘッド900~1,700円、クイックセッター300円、フックシステム600円(すべて税抜き)。

 

【釣行記事一覧はこちら】

http://cho-raku.jp/contents/choko_kiji/lists

 

弘漁丸(こうりょうまる)

テンヤマダイ[乗合]プラン

テンヤマダイ[乗合]プラン

テンヤやカブラとよばれるハリとオモリが一体となった仕掛けを使用してマダイを狙います。
尾羽を切り取ったエビの尾から親バリを通し、頭に孫バリを付けます。
ポイントはエサが真っ直ぐになるようにセットすること。
低層の潮に乗せるように仕掛けを落とし込み、微かなアタリにアワせます。
マダイの口は硬いので、小さなアタリにもしっかりと大きくアワせるようにするといいですよ!
ライトなタックルで攻めるゲーム性の高い釣りをぜひお楽しみください☆

釣楽価格: 10,000円 / 人

釣楽ポイント: 1,000ポイント還元!

割引: ※女性・小学生は8000円/人でご乗船できますので、予約時に備考欄へご記載ください。

 

茨城エリア日立港久慈漁港

車: 常磐自動車道・日立南太田ICから約6km

電車: 大甕駅(JR常磐線)

 

ページのトップへ