週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

第1回 復興イベント茨城県鹿島マゴチ釣り大会【鹿島/KFB清栄丸】

マゴチ/KFB清栄丸

親子で参加した菅野さんと真海くん。

真夏の日差しの下205人が競う

 7月26日(日)、茨城鹿島港と鹿島新港で「第1回茨城県鹿島港マゴチ釣り大会(釣大会実行委員会主催)」が開催された。快晴、ベタナギの好条件の中、205人の参加者が3尾の合計重量で競い、4.67キロで市川浩さんが優勝した。


 昨年から人気が爆発した、常磐沖のテンヤマゴチ。鹿島港・鹿島新港では震災復興イベントの一環として、今年、マゴチ釣り大会を企画。大会の模様を茨城鹿島のKFB清栄丸から乗船取材した。

 

マゴチ釣り大会/KFB清栄丸

200人を超える参加者が集まった。


 出船する午前5時には両舷に8人ずつが座り、津島一郎船長の操船で出港。北へ1時間ほど走った砂浜沖水深8メートルのポイントで開始する。


 すぐに佐藤博さんにファーストヒット。続いて船中のあちらこちらで常磐沖のアベレージサイズである50センチ級が取り込まれる。

 

マゴチ/KFB清栄丸

船中ファーストヒットの佐藤さん。


 右舷ミヨシの奥平流偉くん(小6)は大人顔負けの勢いで掛けていく。最終的には8尾を上げて、中盤までは竿頭になりそうな勢いだった。

 

マゴチ/KFB清栄丸 マゴチ/KFB清栄丸

(左)大人顔負けの活躍をした流偉くん。

(右)総合10位に入った福田さん。


 同宿の常連、遠峰英樹さんや福田政弘さん、筒井政和さんも順調。「32尾が自己記録」と言う伊藤二郎さんは18尾を取り込み船中の竿頭に。

 

マゴチ/KFB清栄丸

好調だった常連の遠峰さん。


 親子で釣行した菅野順也さん、真海くん(小2)。真海くんは残念ながら2尾で規定数に達しなかったが、懸命にリールを巻いて60センチ級の良型をゲット。一日中、アタリのない時間も集中して誘い続ける姿に「子どもながらあっぱれ」と驚かされる。

 

マゴチ/KFB清栄丸

筒井さんに60センチ級。

 

マゴチ/KFB清栄丸

船中の竿頭になった伊藤さん。


 11時にストップフィッシング。船中釣果は良型主体に2~18尾


 陸では弁当が振る舞われ、強い日差しを避けるように日陰でひと息。名産のシラスを、〝升〟に山盛り一杯もらえるイベントなどで盛り上がる。

 

シラス/KFB清栄丸

盛り上がったシラスの〝升取り〟大会。


マゴチ釣り大会 釣果は参加した17隻、各船が好調で接戦に。優勝したのは3尾合計4.67キロの市川浩さん。2位の山崎崇行さんとの差はわずか115グラム。市川さんはゲストの野呂昌明さん(エコギア・プロスタッフ)のインタビューに「エコギアのオーバルテンヤ8号にワームはスイムシュリンプ。時折、アクションを入れながらズル引きで誘いました。開始後、しばらくアタリはなく不安になりましたが勝ててよかったです」とコメント。


 初回ながら大きな盛り上がりをみせ、大成功となった今大会は午後1時すぎに散会した。


 鹿島沖のマゴチはいい日トップ20尾ほどでオデコなし。「期間も長く釣れ続けそうだ」と言う声も聞こえる。メーカーからも有効なテンヤやジグヘッド、ワームが開発され始めており、今後もこの釣りから目が離せない。

(週刊つりニュース関東版/大谷俊夫)

 

マゴチ釣り大会/KFB清栄丸

(中央)優勝した市川さん、(右)2位の山崎さん、(左)3位の安重さん。

 

 

【釣行記事一覧はこちら】

http://cho-raku.jp/contents/choko_kiji/lists

 

KFB清栄丸(けーえふびーせいえいまる)

ニューフェイス!テンヤマゴチ乗合◇午前船プラン

ニューフェイス!テンヤマゴチ乗合◇午前船プラン

マゴチを狙って出船します。
2014年から本格的に始まったニューフェイスのマゴチ釣り。
浅場からライトなタックルで狙います。
この釣りの最大のポイントは何と言っても合わせのタイミング。
マゴチは食いこみの遅いフィッシュイーターなので、そのゲーム性の高さから釣人たちにとても人気がありますよ♪
初心者の方は、その日釣れてる釣り人さんをお手本にしてみましょう。
ヒットしたときの駆け引きは迫力満点☆
ぜひスリリングな釣りをお楽しみください。
午前はテンヤマダイ、午後はマゴチ、なんて贅沢なハシゴもオススメですよ♪

釣楽価格: 11,000円 / 人

釣楽ポイント: 1,100ポイント還元!

 

茨城エリア鹿島港

車: 潮来インターから約15km

電車: 鹿島神宮駅(JR鹿島線)

 

ページのトップへ